FC2ブログ
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了004

2011
01/11
*Tue*
Category:和書
白石昌則 東京農工大学の学生の皆さん 著 『生協の白石さん』 講談社

004

今日は役所に用事があって
ついでにすぐ隣にある区の図書館に入った。
こじんまりした建物の中の書庫をかなり丁寧に巡ったけど
これはという本に出会えなかった。
あきらめて出ようかと思ったら、そんならそれでなんでもいいやと気楽に選んだ1冊。
縁あって知り合った人の母校でもある東京農工大学のかの有名な一冊。
フフフと笑って心が温かくなった。ユーモアのセンスがほどよくよい。

ひとことカードのやりとりとは別の
「白石さんの言葉」という文章のなかで、
質問カードの中に「豆?」とだけ書かれたものがあり、
「この忙しいのになにが『豆?』でございましょう。舐めるのは当店のチュッパチャップスだけにしてくださいよ。1本で20分ほどお楽しみいただけますよ」と怒りの感情を込めた回答イメージが頭に浮かぶ瞬間があったそうで、
その間もなく「‥自分こそが『豆』か‥」と自らの懐の浅さに自省せざるを得なかったと結んでいた。
小さな何の意味のないようなメッセージにもちゃんと向き合う、オトナの姿勢をこんなにも徹底できるか。
我が子のなんでもない言葉を邪険にして放置していないか、ユーモアを忘れてはいないか、考えさせられた。
私って真面目だなあ。






COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

m-asa

Author:m-asa
1年間でどれだけの本を読むのだろう、という疑問でこのブログを始めました。
本と音楽(CD)をメインに
自分のための記録ブログです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
和書 (17)
訳書 (0)
音楽 (8)
映画 (0)
日々 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © M list All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。