FC2ブログ
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了002

2011
01/05
*Wed*
Category:和書
『茨木のり子集 言の葉 3 』ちくま文庫

002

これで全3巻読了。

今とても満ち足りている。
だからしばらくは
この人の言葉たちから離れていよう。
たまに引っ張りだして読む。
つかず離れず。

『鶴』
初めて読んだ時のあの衝撃は薄れてしまったけど
最後の2行は今再読しても秀逸だと感じる。

それとは別に
再会して嬉しかった詩の中の抜粋を。
この素敵な一節を忘れないように。

『みずうみ』

~前略~

人間は誰でも心の底に
しいんと静かな湖を持つべきなのだ

田沢湖のように深く青い湖を
かくし持っているひとは
話すとわかる 二言 三言で

それこそ しいんと落ちついて
容易に増えも減りもしない自分の湖
さらさらと他人の降りてはゆけない魔の湖

教養や学歴とはなんの関係もないらしい
人間の魅力とは
たぶんその湖のあたりから
発する霧だ

~後略~ 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

m-asa

Author:m-asa
1年間でどれだけの本を読むのだろう、という疑問でこのブログを始めました。
本と音楽(CD)をメインに
自分のための記録ブログです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
和書 (17)
訳書 (0)
音楽 (8)
映画 (0)
日々 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © M list All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。