10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : 音楽

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム003

2011
09/06
*Tue*
Category:音楽
山下達郎 『Ray Of Hope』 初回限定盤
あ03

お誕生日プレゼントに
お花とケーキと共にいただく。

心を落ち着かせ
まずは「おまけ」から拝聴。
メインのご馳走は期待しすぎているから
わざとサイドディッシュに手を伸ばす。
「こっちにだって期待してないわけないのよ。」
数十秒後に私の口元は知らぬ間にほころぶ。
「…すごいね」と口に出る。

メインデッシュは賛否両論模様。

歌詞見ながら聴いたらだめ。
歌詞は見ないで。
耳に入る音、メロディ、歌声だけを頼りに身を任すとよい。
テレビの音を消して流し続ける。
低俗で幼稚で空虚な気配がいっさいなくなって
良質な時間が流れ始める。
そうして私は大人らしく
それまでぐずぐずしていた晩ご飯の片付けに席を立つ。
今日の疲れを乗り越えてしゃんとして動き出す。
スポンサーサイト

Happy

2011
08/03
*Wed*
Category:音楽
Happy-Towa Tei

http://www.youtube.com/watch?v=RT3j-y5zHAo
これいい。




今日のこと Phoebe Snow

2011
07/05
*Tue*
Category:音楽
松本復興相が5日午前、菅首相に辞表を提出したという。
記者会見の模様が映し出された。
そこで思いがけない名前を耳にした。
久しぶりに甦った名、Phoebe Snow

「今年の4月に亡くなった歌手のPhoebe Snow…」

…亡くなったのか、と思う。
最近まで存命だったのかとも思う。
知らなかった。
享年58歳。
思っていたより若いと感じた。
私は彼女を一体どれくらい歳の離れた女性だと思っていたのだろう。

ほんの5、6年前に勧められて聴いた
「Poetry Man」「Harpo's Blues」「Either o Both」「Love Makes A Woman」…
彼女のメロディがとても新鮮だった。その声は独特だった。
1980年代を謳歌した私にとっては軽いカルチャーショックだった。
アメリカンカントリーの良さ、みたいなものに触れた気がした。

Phoebe Snow。
彼女の音楽を聴いていたあの頃が甦る。
彼女はまだこんなにも若かったのか。
あの頃、私はなんて幼稚だったのだろう。
あれから5年も経ったらしいが
私、少しは大人になっているのだろうか。

Phoebe Snow Poetry Man



アルバム002

2011
05/09
*Mon*
Category:音楽
鷺巣詩郎 『LONDON FREEDOM CHOIR SHIRO’S SONGBOOK SELECTION』
a002.jpg

試聴して
たまらなくなって購入を即決。
最近のものよりこちらを選んだ。
ほんといかしてる。すき。
コピーコントロール(怒)!!
‥もなんのその、
「Macintoshには対応しておりません。」(泣)!!!!!
‥もなんのその、なのだ。

楽譜001

2011
03/30
*Wed*
Category:音楽
『Ryuichi Sakamoto PIANO SOLO 坂本龍一/ピアノソロ』 kmp
11


『A Flower is not a Flower』
この1曲のために。

無心になれるまでにマスターしよう。


プロフィール

m-asa

Author:m-asa
1年間でどれだけの本を読むのだろう、という疑問でこのブログを始めました。
本と音楽(CD)をメインに
自分のための記録ブログです。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (3)
和書 (17)
訳書 (0)
音楽 (8)
映画 (0)
日々 (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Copyright © M list All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。